北海道 士別市体育協会

士別市総合型地域スポーツクラブ、中央スポーツクラブ、多寄スポーツクラブ、上士別スポーツクラブ、温根別スポーツクラブ

士別市体育協会/トップ
士別市総合型地域スポーツクラブ
ダウンロード
お問い合わせ

>士別市体育協会/トップ  >競技力向上事業  >スポーツ科学測定

スポーツ貧血検査及び個別面談

スポーツ栄養学セミナーでも指摘を受けた「スポーツ貧血検査」を導入しています。
スポーツ貧血は競技パフォーマンスやスポーツ活動そのものに悪影響を及ぼしますが、自覚症状がない場合が多く、症状が現れて初めて気がついても「時、既に遅し」という場合があるために近年問題視されています。
最も大きな原因は栄養バランスということで、コンサドーレ札幌の専属管理栄養士でもある小松先生の協力を得て希望者を募集し実施しています。採血による血液データと日常の食生活調査を小松先生が分析し選手個人に対し日常的な食生活の改善点などを指摘した報告書をフィードバックします。
また、特に貧血傾向が強い選手に対しては小松先生による個人面談も実施しており、今まで地方体協では実践が難しかったスポーツ医科学的な取り組みも推進しています。
「スポーツ貧血」の検査については引き続きの実施を予定しており、検査を通して選手の競技力向上やモチベーションアップに繋げていくことを目指します。

開催日
  • 『平成29年度』
  • 平成29年4月17日
  • 『平成28年度』
  • 平成28年4月13日
  • 『平成27年度』
  • 平成27年4月17日
  • 『平成26年度』
  • 平成26年4月11日
  • 『平成25年度』
  • 平成25年4月10日
  • 『平成24年度』
  • 平成24年5月8日
講師 小松 信隆 氏(ウェルネスプランニング札幌代表)
場所 士別市総合体育館、士別市陸上競技場
アルバム(平成29年度 採血)
アルバム(平成28年度 採血)
アルバム(平成27年度 採血)
アルバム(平成26年度 採血)
アルバム(平成25年度 採血)
アルバム(平成24年度 採血、栄養調査、個人指導)
学校運動部体組成計測定

総合体育館トレーニングルームに設置している体組成計は、筋肉量や脂肪量、内臓脂肪レベルなど様々な項目をわずか20秒程度で測定できる高性能機器です。
日常のトレーニングの成果を定期的に確認できることから、トレーニングルームの利用者を中心に定着してきました。一般市民だけではなく、競技者のウェイトコントロール等にも有効活用するため、市内高校運動部を対象に競技力向上を目的とした取り組みも実施しています。
これまで、士別翔雲高校陸上部・ウエイトリフティング部などが定期的な測定をしてきましたが、当協会ではウェイトトレーニングなどで体作りに励む、他の運動部にも活用を呼びかけています。

開催日 通年
講師 体協事務局
場所 士別市総合体育館トレーニング室
アルバム
血中乳酸値測定

持久力系の選手(陸上競技等)には高い運動量と持久力が求められます。
そこでスポーツ健康科学の専門家である北大名誉教授 須田力先生の指導の下、競技力向上を目的とし、中高陸上部の長距離ランナーを対象に「血中乳酸値測定」という専門性の高い測定を実施しています。
国立スポーツ科学センター(JISS)などの専門施設では、オールアウトまで追い込みランニングが続行できなくなっても、トレッドミルから飛ばされないよう天井から吊るされたベルトを装着し実施しております。
当協会では、専門器具を用いず安全第一を守りオールアウトまでは追い込まずに、余裕を残した状態で心拍数や血中乳酸値濃度を評価するようにしています。
また、測定前には須田先生の講義も実施しており、測定の目的や効果の説明を理解した上で実施をするようにしています。
測定した選手たちは、オフシーズン(冬期間中)のランニング等で、測定結果に基づいた心拍数強度を参考に、効果的なトレーニングを積むことができています。

開催日
  • 『平成27年度』
  • 平成28年3月12日
  • 『平成26年度』
  • 平成26年4月30日
  • 『平成25年度』
  • 平成25年5月11日 平成25年12月14日
  • 『平成24年度』
  • 平成24年5月15日 平成24年10月27日
  • 『平成23年度』
  • 平成23年5月21日 平成23年10月29日
講師 須田 力 氏(北海道大学名誉教授)
場所 士別市総合体育館トレーニング室
アルバム(平成27年度 3月)
アルバム(平成26年度 4月)
アルバム(平成24年度 10月)
アルバム(平成24年度 5月)

個人情報保護方針について