競技力向上事業

栄養

勝ち弁レシピ《開催日》平成30年6月17日

勝ち弁レシピ01 勝ち弁レシピ02 勝ち弁レシピ03 勝ち弁レシピ04 勝ち弁レシピ05

今年度の勝ち弁レシピは「アスリートぎょうざ」。参加した選手と保護者からは味も食感も大好評!!しかもビタミンB1・B2・B6は充足、脂質はかなり低めとリカバリー&エネルギー補給にも最適なメニューです。参加した保護者からは日々の「食」について数多くの質問がありましたが、小松先生には分かりやすく丁寧にアドバイスをいただきました。改めて食べる「タイミング」と「あぶら」の量の重要性を理解したと思います。間違いなく選手・保護者の「食」への意識が変わり始めています。

勝ち弁レシピ
《講師》
小松 信隆 先生(ウェルネスプランニング札幌 代表)
《場所》
士別文化センター

実践スポーツ栄養学《開催日》平成30年4月19日

スポーツ栄養学01 スポーツ栄養学02 スポーツ栄養学03

毎年、士別体協のシーズンインは「スポーツ栄養学セミナー」からです。今年度も指導者研修会の位置づけで実施したセミナーですが参加者は圧倒的に選手が多くなりました。約10年間の継続で参加者数も200名までになり、改めて地道な取り組みが重要だということを感じています。6月には調理実習会「勝ち弁レシピ」の開催も決定しています。強い「カラダ」を作るのは日々の食生活です。今年度も小松先生の全面的なサポートを受けていきます。

《講師》
小松 信隆 先生(ウェルネスプランニング札幌 代表)
《場所》
士別市総合体育館

勝ち弁レシピ《開催日》平成29年7月1日

勝ち弁レシピ01 勝ち弁レシピ02 勝ち弁レシピ03 勝ち弁レシピ04 勝ち弁レシピ05 勝ち弁レシピ06 勝ち弁レシピ07

今年度の【勝ち弁レシピ】は、ジュニア選手強化育成プログラムのメニューとして実施しました。
モデルクラブの士別中学校陸上部とジュニアレスリングクラブでは、この春からスポーツ栄養学をテーマに、講師の小松 信隆 先生より様々な指導を受けています。
『スポーツ栄養学セミナー:講話』⇒『血液検査:スポーツ貧血検査』⇒『食物摂取頻度調査:栄養調査』⇒『血液データ及び栄養調査を基にした個別解析』⇒『勝ち弁レシピ:調理実習会』というシステムです。

①講話で学び ⇒ ②血液&栄養状況をデータから把握し ⇒ ③食事を改善させ試合に臨む

総勢70名の親子が【スポーツ栄養学】から強い身体づくりを学び、これから始まる全道大会に備えます。当協会としても2クラブには昨年以上の成績を期待しています!!

勝ち弁レシピ
《講師》
小松 信隆 先生(ウェルネスプランニング札幌 代表)
《場所》
士別中学校調理室

実践スポーツ栄養学《開催日》平成29年4月20日

スポーツ栄養学01 スポーツ栄養学02 スポーツ栄養学03 スポーツ栄養学04 スポーツ栄養学05

平成29年度も競技力向上の根幹となる『スポーツ栄養学』セミナーを継続開催しました。
参加者は圧倒的に選手が多く、これから始まるシーズン前に実践的なスキルアップができたことと思います。
今年度も『勝ち弁レシピ:調理実習会』や『スポーツ貧血の解析』など、小松先生の全面的なサポートを受ける予定です。一過性ではなく継続的な事業推進を目指します。

《講師》
小松 信隆 先生(ウェルネスプランニング札幌 代表)
《場所》
士別市総合体育館

勝ち弁レシピ《開催日》平成27年6月28日

勝ち弁レシピ01 勝ち弁レシピ02 勝ち弁レシピ01 勝ち弁レシピ02 勝ち弁レシピ01 勝ち弁レシピ02 勝ち弁レシピ01 勝ち弁レシピ02

毎年恒例となった勝ち弁レシピですが、今年度は士別翔雲高校陸上競技部、士別中学校陸上競技部、士別卓球少年団、士別ジュニア陸上少年団の4団体での実施となりました。
特に士別翔雲高校と士別中学校の陸上競技部は、5月に採血データから判定する【貧血検査】の実施もしており、競技力向上への意識レベルが高い運動部です。
強い身体をつくるためには量を食べるだけではなく、『タイミング』と『あぶら』の量を調整することが重要だということが理解できたと思います。

勝ち弁レシピ
《講師》
小松 信隆 先生(ウェルネスプランニング札幌 代表)
《場所》
士別中学校調理室